産学連携とオープンイノベーションで日本の科学技術を振興する
News ニュース

epiST Venturesは、JSTの大学発新産業創出プログラム<大学・エコシステム 推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援> の2つのプラットフォームに協力機関として参画することになりました

epiST Venturesは、JST(科学技術振興機構)の大学発新産業創出プログラム<大学・エコシステム 推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援>として採択されたプラットフォーム(全4件)の中の以下の2つのプラットフォームに協力機関として参画することになりました。

・Platform for All Regions of Kyushu & Okinawa for Startup-ecosystem (PARKS)
  – 拠点都市コンソーシアム:福岡スタートアップ・コンソーシアム/北九州市SDGsスタートアップエコシステムコ ンソーシアム
  – 主幹機関:九州大学、九州工業大学

・みちのくアカデミア発スタートアップ共創プラットフォーム (Michinoku Academia Startup Platform: MASP) 
  – 拠点都市コンソーシアム:仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会
  – 主幹機関:東北大学

本事業は、「スタートアップ・エコシステム拠点都市」において中核となる大学 ・プラットフォームから生まれる優れた技術シーズの実用化やアントレプレナーシップを備える人材の育成を支援し、コロナ後の社会変革や社会課題解決につながる社会的インパクトの大きいスタートアップが持続的に創出される体制を構築することを目的としています。

epiST Venturesは、大学発ベンチャーを含めた技術スタートアップの投資育成および事業支援の活動を通じて、PARKSおよびMASPの両プラットフォームと連携しながら、起業活動支援プログラムの運営、アントレナーシップ人材育成プログラムの開発・運営、起業環境の整備、拠点都市のエコシステムの形成・発展に協力してまいります。 

研究成果展開事業 大学発新産業創出プログラム<大学・エコシステム推進型 スタートアップ・エコシステム形成支援>採択プラットフォームの決定について